オイリー肌(脂性肌)になるとどうなるの?

「大人ニキビ」ができる

脂性肌の人は、肌タイプの中で一番肌トラブルに発展しやすいため、何らかの悩みを持っていることが多いようです。よく耳にするのがTゾーンや額などのテカリ。女性でも男性でも、顔の表面や頭皮に脂がにじんでいると相手にあまりいい印象を与えないかもしれません。毛穴の汚れが目立ってしまうと、顔色のくすみやイチゴ鼻につながってしまうことも。

「大人ニキビ」も過剰な皮脂の分泌のトラブルの一つ。ニキビは皮脂腺から分泌された皮脂と古い角質が混じり合って毛穴の入り口に詰まった結果、常在菌であるアクネ菌が皮脂をエサにして菌が増殖するとニキビになります。思春期のときは、ホルモンバランスの乱れが原因で皮脂の分泌が活発になりニキビの原因となりますが、20代以降の場合にはストレスや生活習慣・食習慣などがホルモンバランスの崩れが原因になっているとされています。
ニキビの段階によって、初期段階の「白ニキビ」、毛穴のつまりの皮脂が酸化して黒くなった「黒ニキビ」、炎症を起こしてしまった「赤ニキビ」があります。

化粧のノリが悪くなる「テカリ肌」になる

「私って脂性肌なのかな?」と認識するきっかけになるのが顔のテカリ。とくにベトつきを感じるほどになると、気になってきますね。特に10代の頃は皮脂が過剰に分泌されるので、毛穴のつまりを防ぐためにもマメな洗顔が必要となりますが、20代を超えてくると化粧をしている女性の場合、頻繁に洗顔するわけにもいきません。そうすると、化粧くずれという問題が出てきます。皮脂を洗い流すどころかファンデーションなどで毛穴にフタをしている状態です。アブラとり紙で余分な皮脂を吸い取り、ファンデーションを塗り直さなければいけません。皮脂の分泌が多い人ほど、メイク直しの回数が増えてきます。それを怠ると、テカリ肌のまま人前にでてしまうことになります。

テカリやすいのは、額やTゾーン、鼻周辺などですね。テカっている部分が特に化粧が剥がれやすくなったり、浮きやすくなったりします。女性にとって、テカリは大問題ですよね。

メイクでも隠しにくくなる毛穴にトラブルが起きる

目立ちやすい場所の毛穴はできるだけトラブルは起こしたくないですよね。コンシーラや化粧下地、ファンデーションを塗ってもなかなか隠しづらい肌トラブルに「いちご鼻」があります。いわゆる毛穴の黒ずみのことです。額から鼻にかけてのTゾーンは特に皮脂の分泌が活発なため、毛穴の詰まりが起こりやすい箇所となります。また手で触りやすい場所ですので汚れやすくもあるんですよね。

「いちご鼻」は毛穴が広がってそこに皮脂と汚れがたまっている状態。この毛穴トラブルを避けるためには、できるだけ額や鼻に触らないこと。そして、毛穴に皮脂や汚れが貯まらないように、ピーリングと毛穴引き締めのケアをすることです。さらに顔全体に潤いとハリを持たせるケアをすることも大切です。部分的なケアよりも肌の環境を良くするために考えることが一番重要です。

紫外線をもろに浴びる

皮脂や汗によって顔の表面がギトギトしてベタついているとマメに洗顔したくなるかもしれませんが、実はそれは間違ったケアなんです。頻繁な洗顔やスクラブ入りの洗顔料などでごしごし洗うなど刺激の強い洗顔をしてしまうと、顔の表面を守っている皮脂膜によるバリア機能が働かなくなって、紫外線やアレルギーの原因となる花粉やゴミなどに対して、肌が無防備な状態になります。

脂ぎっているから紫外線で乾燥させたほうがいいかもしれないと考えて紫外線対策をしないでいると、確かに肌は乾燥しますがそれを補おうとしてさらに皮脂が過剰に分泌されてしまいます。そのことから、オイリー肌の方こそ、紫外線対策はとても大切になります。毛穴が開かないようにすることが重要だからです。日頃から日焼け止めコスメや、SPF度の高い化粧下地やファンデーションなどを使って、先回りして皮脂の分泌を減らすようにしましょう。