やってはいけないセルフケア

やりすぎな洗顔がよけいオイリー肌(脂性肌)になる

脂性肌の方にとって、洗顔は重要なケアポイントではありますが、この洗顔も実はNGお手入れの一つなんです。余分な皮脂を取り除く一番のお手入れ方法ですが、1日に何度も洗顔したり、ゴシゴシと肌に刺激を与えるような洗顔をしてしまうと、顔の表面に必要な自然なバリア機能まで取り去ってしまいます。このバリア機能は、顔の角質層から分泌される脂(セラミドなど)や天然の保湿成分、皮脂と汗などの水分が混じり合ってできる皮脂膜で構成されています。
それを洗顔で取り除いてしまうと、保護膜がなくなりお肌は紫外線を浴び放題の無防備な状態に…。それを肌が察知して、バリア機能を復活させようと皮脂の分泌が活発になります。

皮脂の分泌が多い10代の頃であれば、バリア機能を取り除いてしまっても新陳代謝が早いのでバリア機能が24時間程度で回復しますが、30代、40代になってくると回復までの時間がかかるため、バリア機能が貧弱な状態が続きます。

皮脂を落としすぎる洗顔料を使っている

私はオイリー肌だけれど、何度も洗顔はしていないし、ゴシゴシ洗いもしていないから大丈夫とは言い切れません。使っている洗顔料がどんなタイプかということも、バリア機能を落としすぎないようにするポイントになります。

驚くかもしれませんが、洗い上がりがすっきりさっぱりするスクラブ系の洗顔料が実は、ギトギト、ベタベタの原因になっているケースも見逃せません。皮脂汚れだけを落としてくれればいいのですが、必要な潤いまで落ちすぎてしまうからです。泡タイプで洗浄力が強すぎる洗顔クリームもNG洗顔料の一つ。合成界面活性剤が配合されていると、脂分を流してしまうため、肌がカサカサになってしまいます。洗顔料を変えて、肌トラブルの解消につながる人もいるんですよ。

洗顔は顔の表面のゴミや汚れを早めに除去して、角質層のターンオーバーを促してくれるサポートするためのもので、肌に刺激を与えるまで洗顔してしまっては、バリア機能を低下させていまい逆効果になるということを覚えておきましょう。

バリア機能を低下させるノンケア習慣

私たちの肌がいつもいい状態を保っていれば、自然な皮脂膜がお肌をガードしてくれますが、オイリー肌の人はベトついている状態を避けるために、あえて保湿系のお手入れを省略している方も見受けられます。これもやってはいけないお手入れ方法です。

洗顔後は顔の表面の保湿成分が少なくなっている状態ですので、化粧水や乳液、保湿クリームなどを使って、低くなっているバリア機能を補ってあげなければいけません。洗顔後のお手入れを怠ると、保湿不足が皮脂の分泌を促すことになり脂性肌を自ら作ってしまうことにつながります。よかれと思ったことが、オイリー肌になっているとしたら悲しいですよね。

保湿するときにはできるだけ油分少なめで、保湿メインの成分が含まれているものを選ぶといいですよ。アルコール成分が配合されているとさっぱり感があるようですが、オイリー肌の人が使うと、皮脂膜を作るときに必要な水分を失ってしまうので、使わないほうがベターです。