美容に効果的なセルフケア

ビタミンを多く含む食材を食べる

化粧くずれなどの原因となる皮脂の過剰分泌の解消する方法として、化粧品を変えたり、毎日の洗顔で皮脂を取り除くといったケア方法に目が行きますが、体質を改善するために毎日の食事の内容を変えるというアプローチ方法もあります。時間はかかりますが、根本的な解決にもつながりますし、栄養面からみたトータルバランスやダイエットサポートにもなりますので、ぜひチャレンジしてほしい方法です。

では、皮脂の分泌を抑えるためには、どのような食材を食べたらいいのかについて紹介します。代表的な皮脂をコントロールする栄養素は、ビタミンCやビタミンB2などです。フルーツなどに代表されるビタミンCには美肌効果があり、緑黄色野菜や魚に多く含まれているビタミンB2には脂肪の代謝・排出を促し、食べたものが脂肪として変換されて皮脂の材料になってしまわないように働いてくれます。脂肪の代謝を活発にして皮脂の分泌を抑えるため、積極的に取り入れたい栄養素です。

乾燥しやすい部分に潤いを

オイリー肌の場合には、普段のお手入れのときに保湿よりもさっぱり系のコスメを選びがちですが、顔の表面は皮脂が分泌されやすい箇所、皮脂の分泌量が少なく乾燥しやすい部位があります。保湿ケアを行わないでいると、乾燥しやすい部分は常に水分が足りない状況になってしまって、小じわやくすみの原因を生むことになりかねません。

特に乾燥しやすい場所は、目の周りや口元、頬からアゴのライン(Uゾーン)です。このエリアには皮脂腺が少なく、皮膚が薄いので乾燥しやすいため、特に念入りな保湿ケアが必要です。化粧水を塗った後に、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されているクリーム、美容液で補うようにしましょう。乾燥しやすい場所は個人差があります。普段のお手入れでかさつきを感じるような場所や小じわが目立つような場所が、乾燥している場所です。そのときどきの肌の状態にあわせて、保湿成分をこまめに補って潤いとハリを保つお手入れを心がけてくださいね。