オイリー肌(脂性肌)に有効な成分ってなに?

「ビタミンC誘導体」入りのコスメを選ぶ

皮脂の過剰な分泌がドロドロの化粧崩れのモト。化粧下地やファンデーションで皮脂の分泌を抑える前の手前から、すでにコスメ選びは始まっています。脂性肌の方に使ってもらいたい化粧水には、できればビタミンC誘導体が入っているものがおすすめです。ビタミンC誘導体は、皮膚への吸収が早く、皮膚内部において皮脂の分泌を抑えるコントロール力があります。また皮膚の表面ににじみ出てきた皮脂が酸化してしまうことも防いでくれます。酸化を防ぐということはニキビによる炎症などを抑えるということです。

ビタミンC誘導体には、日焼けやシミなどの色素沈着を防ぐ働きや、過剰の皮脂の分泌を防いでニキビ・肌荒れを予防する働き、シワやたるみなどに働きかける抗酸化効果・エイジングケアなどが期待されます。ビタミンC誘導体入り化粧水やコスメでスキンケアしていきましょう。ただし、肌の状態が敏感なときや敏感肌タイプの方の場合には、パッチテストでご自身の肌に合うかどうか試してからお使いください。

「セラミド」と「ヒアルロン酸」も外せない!

オイリー肌の方でも、顔全体が皮脂でギトギトになっているという場合ではなく目の周りや口元など乾燥している箇所もあります。その部分は忘れずに水分補給(保湿)していかければなりません。そのときにチェックしてほしい成分が「セラミド」や「ヒアルロン酸」です。これらの成分が、水分をがっちりキープして、潤いとハリのある肌へ導いてくれます。

化粧水を選ぶときには、前述したビタミンC誘導体と一緒に、保水力を持たせてくれるヒアルロン酸も含まれているものを選びましょう。ヒアルロン酸の潤い成分を化粧水で肌に浸透させて、乾燥した肌の保湿力を向上させましょう。また、セラミドについてですが、セラミドは水にほとんど溶けないという性質を持っているため、化粧水ではなく美容液などに含まれていることが多い成分です。化粧水でお手入れした後に、セラミドが配合されている美容液を重ねづけして、さらに保湿力を高めていきます。

脅威的な漢方のパワーを知ろう

脂性肌のケアに漢方を取り入れる方法も紹介しましょう。オイリー肌を生む原因は、皮脂の過剰な分泌です。この皮脂の分泌には、睡眠不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れも大きく影響しています。漢方では、体の内部からホルモンバランスを整えたり、体質を改善したりすることで、皮脂の分泌をコントロールするというアプローチを行います。

漢方の種類の中で、ホルモンバランスを整える成分には、桂皮、地黄などがあります。この成分が配合されている代表的な漢方薬の名前は、「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」。この漢方は、炎症を抑える働きがあり、ニキビや胃炎(熱を伴ったもの)によく処方されます。体に熱を持っていることが脂性肌の方には多いので、髪の毛がべたっとするほど特に皮脂が多いというかたに有効です。「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)・五涼華(ごりょうか)」も体内に熱がこもっている場合に、熱を排出してくれる漢方薬です。「竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)」はニキビが化膿しやすい人や、毛穴の開きが目立つ方におすすめです。